結婚

二次会のゲームで使う景品はセットで購入できます

ゲストに想いを伝える式に

男性女性

こだわりの演出を

結婚式の演出に、プロフィールムービーを考えている人も多いのではないでしょうか。今では、90%以上が使っているプロフィールムービーは、写真や動画を使って、新郎・新婦の生い立ちやゲストとの思い出をスライドショーで流すビデオです。入場や退場で流したり、お色直しでの中座の際や余興として取り入れられています。 しかし、プロフィールムービーを式場にお願いすると想像以上にかかる料金に驚く人もいるでしょう。実は、パソコンがあれば自分でも作ることができ、費用を安くおさえることができます。動画ソフトを使えば、結婚式用のものが含まれているので、写真や音楽を取り込むだけで作ることができます。しかし、製作に自信のない人は、インターネットで検索すれば、多くの会社の名前が出てくるので、好みの演出をしてくれる製作業者を探してみるのも良いでしょう。

ゲストへの感謝も忘れずに

自分でプロフィールムービーを用意する時には、「どのシーンで流すのか」「何を伝えたいのか」がポイントです。例えば、入場のシーンでは登場を期待させるように華やかに、中座している時や退場のシーンでは、ゲストへのメッセージを込めたもので感動的にするなどです。そして、2人の大切な式に集まってくれた方は、末永いお付き合いを考えるでしょう。2人の生い立ちやのアピールも大切ですが、両親・友人・会社の同僚・仲間に出会った感謝の気持ちも伝えていくと良いでしょう。 次に重要なのは、音楽と写真選びです。曲が変われば、雰囲気も変わります。伝えたい想いに合う曲選びをします。また、ゲストも自分が写っている写真がでると嬉しいものです。2人が輝いている写真は、一緒に写っている人の顔も注目して見ましょう。プロフィールムービーの全体を5分〜8分でおさめると、短すぎず、長すぎずでオススメです。 プロフィールムービーを作る際には、式場に持ち込みが可能かを事前に確認してから作り始めます。当日になって映らないというトラブルにならないよう、早めに作成し、最後まできちんと流れるのかを前もって式場に渡して確認する必要があります。