結婚

二次会のゲームで使う景品はセットで購入できます

結婚に関するマナー

ギフト

結婚にまつわるマナー

結婚祝いを頂いた場合、すぐにお礼の電話をします。メールよりも電話の方が良いでしょう。結婚式の引き出物でお返しとします。結婚祝いを頂いたけれども、結婚式には出席しなかった方には、お返しとして結婚内祝いを贈ります。相場は頂いた金額の半額程度です。挙式後、1か月くらいまでに相手に届くようにします。時期が遅れてしまうのは大変失礼なので注意します。のしは紅白の結び切りです。表書きは内祝、名前は新郎新婦の名前にします。新郎の氏名のとなりに新婦の名前でも良いですし、旧姓でも良いです。品物だけ届けるのではなく、メッセージカードを付けると良いでしょう。結婚式の写真を添えて、お礼の言葉と今後もお願いしたいことを簡潔に書きます。

品選びのポイント

結婚祝いのお返しは相手に喜ばれるものを選びたいものです。カタログギフトは相手が好きなものを選べるため、失敗の少ないお返しとして好まれています。人気の品物はタオル、食器、酒類、食品です。刃物や偶数のものは縁起が悪いので贈り物には適しません。また、目上の方に靴下やスリッパなど踏みつけるものは贈らないようにしましょう。相手の好みや家族構成を考慮して品選びをします。結婚祝いで頂いたものとは別のものをお返しします。どこでも手に入るものより、少し高級な人気ブランドや老舗のものを選びます。タオルなら天然由来のオーガニックコットンなどが良いでしょう。酒類はお酒を飲まない方には贈れませんが、お菓子は家族みんなで食べられますし、好き嫌いが別れにくいので人気があります。日持ちがするもの、小分けになっているものが良いです。